トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

18時間断食について

断食というと本来は3日以上なにもたべない本断食のことをいいますが、専門家などがいない自宅で行う場合は、危険を伴うこともあります。
そこで、最近では1日だけ断食するプチ断食などが流行っていますよね。

今回はそれよりももっと簡単に挑戦できる、18時間のプチ断食についてご紹介します。
特に食べ過ぎた次の日などにオススメですよ。

18時間断食のやり方

18時間以上食べない

食べたものや量にもよりますが、私たちの体が食事をしてから排泄するまでに、およそ18時間程度かかると言われています。
ということで、次の食事まで18時間以上あけることで内臓がお休みできる時間を作ってあげるというのが目的です。
例えば、前の晩の夕食を21時に食べたのなら、15時以降まで何も食べないようにしましょう。
特に食べ過ぎた翌日などは、内臓も疲れていますのでゆっくり休ませてあげましょう。

また、食べ過ぎた分が体脂肪に変わってしまう前に、すぐに排出することで、食べすぎリセットの効果も期待できます。
蓄積する前に消費してしまいましょう。

朝食の代わりに水を飲む

水を飲むことで、排泄を促しますので、朝食の代わりに水を500ml以上の見ます。
このときは常温の水を飲むことをオススメします。

もし、水だけだと空腹感が強い場合は、青汁や野菜ジュース、酵素ドリンクなど、栄養があってカロリーの 低い飲み物を飲むようにしましょう。

特に前日に食べ過ぎてしまっている時などは、栄養バランスが崩れてしまっている可能性がありますので、ビタミンやミネラルが含まれている、酵素ドリンクを飲むことをオススメします。

水分をたくさん取る

どの断食方法でも同じですが、断食中は食べ物からの水分摂取が少なくなるため、水分不足になりがちです。
脱水症状を予防するためにいつもよりも多めに水分を摂るように意識しましょう。

また、水分を摂ることで、ずいぶん空腹感もまぎれます。
水分は水やノンカフェインのお茶など、ノンカフェインのものにしましょう。

昼食と夕食は控えめに

昼食と夕食は普段の食事の8割くらいを目安に、控えめに摂るようにしましょう。
とくに、断食直後の昼食はなるべく少ない量をよく噛んで食べるように心がけてください。

朝食を抜いて、18時間何も食べないだけの、18時間プチ断食。この18時間プチ断食には内臓を休ませて、排出を促す効果があるといわれています。また、食べ過ぎた翌日に行うことで、食べ過ぎた栄養が体脂肪に変わる前に排出できるので、簡単に体重コントロールが出来ます。18時間プチ断食のポイントは4つ。18時間以上食べないこと、朝食の時には水を飲むこと、水分をたくさんとること、断食後の昼食と夕食を控えめに摂ることです。