トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

予備食とは?

予備食というのは、断食の前日に食べるご飯のことです。
たまに、「明日は丸1日何も食べられないんだから、食いだめしておこう。」とばかりに、たくさん食べる人がいますが、完全にNGです。
なぜなら、断食の前日の食事が断食効果に大きく影響するのです。
前の日に焼肉やとんかつなど消化に時間のかかるものを食べると、消化に酵素がとられて、体内にある潜在酵素を無駄遣いしてしまいます。

それでは、せっかく潜在酵素を温存することで胃腸を休めるのが目的のプチ断食をしている意味がありませんよね。
また、前日にたくさん食べると断食後、空っぽの胃にたくさんの胃液が分泌されて胃が痛くなったりむかついたりしてしまいます。

断食を成功させるためにも、断食を断食効果を得るためにも、予備食は絶対に必要なものなのです。
では、前日の食事内容はどのようにすればよいのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

予備食で気をつけること

食事内容は低カロリーにすること

明日から断食を始めるのですから、体を空腹に慣れさせないといけません。
予備食の食事内容はなるべく低カロリーにし、空腹を我慢できるように体を慣らしておきましょう。

なるべく動物性のたんぱく質は摂らないこと

消化の悪いものを食べると胃腸が疲れてしまいます。
また、潜在酵素の無駄遣いを避けるためにも、前日に動物性タンパク質を摂るのは控えましょう。

1日の食事量は普段6〜7割くらいにおさえること(食事量は朝から夜にかけて少しずつ減らす)

空っぽの胃に胃液が分泌されると胃痛などの原因になります。
前日から徐々に食べる量を減らすことによって本断食がやりやすくなります。

アルコールは飲まないこと

お酒はおいしいのですが、それは肝臓がアルコールを解毒してくれているからです。
明日からの断食に備えて、今日は肝臓をお休みさせてあげてください。

水分を多めに摂ること

断食中は、普段食べ物から摂取している水分を摂ることができませんので、水分不足になりがちです。
前日からしっかり水分を摂るようにしましょう。

プチ断食の前日の食事を「予備食」といいますが、「予備食」ではどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。 断食の前日は、低カロリーの胃に優しい食事を少量摂るようにします。また、1日の食事量は普段の6〜7割くらいに抑えて、朝・昼・晩と徐々に減らしていくように心がけましょう。前日の食べ方が、プチ断食の効果に大きく影響します。前日から気をつけて過ごすようにしましょう。