プチ断食 朝食

トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

プチ断食を最も簡単に取り入れる方法「朝食だけ」プチ断食

丸1日の断食でも心配という人には、朝食だけ断食するプチ断食でも効果があります。
実際に朝は固形物を食べないことで、食べていた時よりも調子が良くなったと感じる人も要るようです。

私たちの体には体内酵素が存在しますが、その体内酵素にもその役割ごとに働く時間があります。
そんな体内酵素の時間から見ると、本来朝は排泄の時間であると言われています。
「朝食はきっちり食べる」ということは昔から言われていますが、実は体内酵素からすると朝食を沢山食べることは、負担になりやすいとも言えるのです。
朝の時間をきちんと排泄の時間としてとることで、腸の働きもよくなりますし腸内環境を整えるためにも良いと言われています。 また、朝食を断食することで、前日の夕食で摂ったカロリーをきちんと代謝し、その日のエネルギーとして活用することが出来ます。
夕飯はしっかり食べるのが楽しみという人も、朝食を断食することでその帳尻を合わせることができるのです。

朝食プチ断食の方法

1日の食事のうちでプチ断食するとすれば、一番手軽と思えるのが朝食ではないでしょうか。
しかし、昼間仕事をしている人などは、朝全く何も食べないというのは昼食まで集中力がもつのか、ちょっと心配ですよね。
そこで、朝食をプチ断食するときには、食事の代わりに酵素ドリンクを飲むのがおすすめです。
このときのポイントは、固形物は一切取らずに酵素ドリンクのみ、もしくはそれでも不安な場合は具無しのお味噌汁かフレッシュジュースを1杯にとどめておきましょう。 水分はたっぷり摂ってください。お水は飲んでも構いませんが、コーヒーやお茶などはカフェインが含まれますので、ノンカフェインの飲み物がおすすめです。
こうすることで、固形物の消化で胃腸に負担をかけることなく、かつ酵素を摂取するので昼からの食事の消化吸収を助ける効果もあります。
昼食や夕食は好きなものを食べて構いませんが、夕食はなるべく夜の20時までには済ませましょう。

朝食プチ断食の成功のポイント

朝食プチ断食を実践している人の中には「朝食を食べないほうが午前中集中できる」「朝しっかり食べると、昼と夜も食べ過ぎてしまうからちょうど良い」というメリットを感じる人が 多く、あまり朝食を抜くことで辛いと感じる人は少ないようです。
ただし、朝食プチ断食はなるべく継続することが大切です。それも「今プチ断食をしている」という期間として考えるよりも、朝食を抜くことを習慣づけるくらいのほうが、 ダイエットも成功しやすく、そのあとの体型維持もしやすいようです。

そう考えると「この先ずっと朝食が食べられない」という気がしてしまいますが、その分、昼と夜の食事の充実を考えたり、
たまには朝食を食べてみたり、と気分転換をしながら続けていくのがいいでしょう。長期的に続けていくことで、確実に成功しやすい方法です。
今話題の朝食プチ断食について、朝食プチ断食はただ朝食を抜いてカロリーコントロールするだけでなく、 体内酵素の仕組みからいっても、理にかなったダイエットダイエット法です。体重が落ちるだけでなく、腸内環境を整えたり、 食事の代謝をしっかりおこなったり、集中力が上がったり、メリットがさまざまあるようです。
ただし、長期的に習慣づけることが大切ですので、その点は注意が必要です。