トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

プチ断食の注意点

体調の良い時に行う

普段食べている食事を摂らないわけですから、体にある程度のストレスがかかるのは当然です。
体調が万全の時に断食した方が、安全ですし、効果も期待できます。

断食中は激しい運動をしない

食事をしていないので、極端な低血糖になり、倒れてしまう可能性があります。
危険なので断食中は激しい運動はやめて、軽い散歩程度にとどめましょう。

タバコやアルコールを摂取しない
プチ断食の目的はデトックスと内臓を休めることです。
毒素を出すことのみに専念するために、ニコチンやアルコールを摂取してはいけません。

準備期間を設ける

急に食べ物を何も食べなくなると、空腹感が強くなって断食に失敗してしまう可能性が高くなります。
また、胃腸にも負担をかけてしまいます。
断食前日は、少しずつ食べ物を減らす準備期間にしましょう。
そして、準備期間は、アルコールや脂っいものは摂らないようにします。

回復食を食べる

プチ断食後は、とても栄養吸収率が高い状態になっています。
リバウンドをしないために、断食の次の日には、フルーツやお粥などの消化の良い食べ物を少しずつ摂るようにしましょう。
また、回復食を食べることで断食後の暴飲暴食を防ぐだけでなく、胃腸の負担も減らします。

まめに水分をとる

私たちは普段、食事からも水分を摂っていますので、断食を行うと水分の摂取量が減ります。
食事から摂れない分の水分もしっかり摂取するようにして、断水症状にならないように注意してください。

長風呂したり、熱いお風呂につからない

長風呂すると、汗をたくさんかいてしまい、体の水分を失う原因になります。
入浴時間は、シャワーかぬるめのお風呂にしましょう。

カフェインを含む飲み物を飲まない

カフェインには利尿作用があり、体の水分を失う原因になります。
また、胃液を分泌する作用もありますので、胃の中が空っぽになっている断食中に、飲んではいけません。

プチ断食成功のコツ

酵素ドリンクや野菜ジュースを飲みながら行う

丸一日、水だけで断食を行うのはとても大変ですし、危険を伴う場合もあります。
酵素ドリンクや野菜ジュースなど、低カロリーで栄養のある飲み物を飲みながら行うのが オススメです。
又、ハーブティー等を飲むのも気分転換になってよいと思います。
飲み物選ぶ際は、低カロリーでノンカフェインのものを選ぶように気をつけましょう。

何か夢中になれるものを準備しておく

断食中に食べ物のことを考えないで済むように、空腹を紛らわせるものを準備しておきましょう。
例えば、好きな漫画や本、DVD、編み物、など、自分が夢中になれそうなものを選んでください。

食べ物を見ないようにする

TVやインターネットには食べ物の写真や動画であふれています。
なるべく見ないようにしましょう。
家族がいる方は、食事の時間は違う部屋に移動したり、散歩に出かけたりするようにしましょう。
散歩の際は、飲食店等がなく自然を感じられる場所を選ぶと、食べ物のことを忘れられると思います。

「プチ断食に興味がある」、「これからプチ断食に挑戦したい」そんなプチ断食初心者なあなたのために、プチ断食の注意点とコツについて簡単にまとめてみました。安全に断食するためには、脱水症状に気をつけること、体調が万全に日に行うことなどは重要です。そして、断食後にリバウンドしないためには、断食後に必ず回復食を食べることが大切です。