トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

本気で痩せたい人にオススメのプチ断食ですが、「効果的に痩せられた」という人がいる一方で、
「リバウンドしてしまった」「むしろ以前よりも食欲が強くなった気がする」という人もいます。
そんな話を聞いてしまうと、これからプチ断食をはじめようと思っている人は不安ですよね。

そこで、当サイトでは、「プチ断食前」「プチ断食中」「プチ断食後」の3つの期間に分けて、
プチ断食でリバウンドしない方法をまとめてみました。

プチ断食前の注意

断食をする期間と同じだけ準備期間を設けましょう。
準備期間中は、少しずつ食事量を減らしていきます。
そして、穀類や油分を控えるよう、意識しましょう。

断食前に胃を小食に慣れさせることで、断食中の食欲が抑えやすくなります。
そうすることで、断食に失敗して我慢できずに、「ドカ食い→リバウンド」といった事態を防ぐことができます。

プチ断食中の注意

断食中は食べることばかり考えないようにしましょう。
断食中に食べることばかり考えていると、ストレスがたまってしまい、断食終了後に過食に走って
リバウンドしてしまう可能性が高くなります。

断食中は、読書や編み物、DVD鑑賞など、食べること以外に熱中するようにしましょう。
外に出て、気分転換に散歩などの軽い運動をするのもお勧めです。
(ただし、激しい運動はNGです。)

また、TVやインターネットには食べ物に関する情報がたくさんあります。
断食中はなるべく見ないほうが良いと思いますよ。

プチ断食後の注意

断食終了後は必ず復食期間を設けましょう。 復食期間も断食期間と同じだけの日数になります。

ここで断食が終わった開放感から、炭水化物などをたくさん食べてしまってはいけません。
急に血糖値が上がってしまい、食欲が強くなってしまい、リバウンドしてしまいます。
実は、プチ断食後のリバウンドで一番多いのはこのケースです。

断食明けの1食目はおかゆがオススメです。
おかゆは少量でも満足感がありますし、胃腸にもやさしいので、復食にぴったりの食事です。
2食目以降は、少しずつおかずを食べてもかまいません。
ただし、おかずは野菜を中心に、油っこいものはひかえましょう。

断食後にリバウンドを防ぐコツは、食事量を序々にもどしていくことです。

「効果的にダイエットできた!」という声もある一方で「リバウンドして前よりも体重が増えてしまった!」という人も多いプチ断食。リバウンドしてしまった人はいったい何が問題だったのでしょうか。断食前、断食中、断食後の3つの期間別に、リバウンドを防ぐための注意点を挙げています。