トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

プチ断食をする時には、重要なポイントがあります。
それは、断食期間だけ、いきなり食事を抜くのではなく、「食事量を少しずつ減らして、少しずつ戻す」ということです。

特に断食後の食事のことは復食と言って、食べる内容や量に気をつけないと、リバウンドのリスクが高まります。
今回はその、復食のメニューについて考えてみようと思います。

プチ断食後にオススメの復食メニューについて

復食期間中にオススメのメニューは、消化が良くて水分を多く含む食べ物です。
例えば、「お粥」は代表的な復食の1つですよね。
他にも、例えば「味噌汁」、「野菜スープ」などがオススメです。

野菜スープは作り置きができますし、中に入れる野菜で様々なバリエーションのものが作れるところが良いですね。
断食明け間もないときは、野菜をカブやキャベツやかぼちゃなどの消化の良いものにしたり、材料を良く煮る、フードプロセッサーにかけるなどして、胃腸に負担をかけないようにすると良いでしょう。
その後、二食目、三食目、と少しずつ噛み応えのあるものにしていきます。

他にも、お粥に野菜を入れた雑炊や、蕎麦などがオススメです。
また、果物をメニューにいれてもかまいません。
復食期間中は白砂糖がNGなので、どうしても甘いものが食べたくなったときは、果物を食べるようにしましょう。

では、復食期間中の食べてはいけないものをまとめておきます。
動物性たんぱく質を含むもの(肉・魚・卵)、油もの、白砂糖、カフェインを含むもの、アルコール、です。

以上のことを踏まえて、自分にあった復食メニューを考えてみてくださいね。

一食置き換えのプチ断食後の復食について

基本的に一食置き換えのプチ断食において、特別な復食は必要ありません。 酵素ドリンクなどのダイエットドリンクサイトなどの説明を読んでも、「朝食だけ置き換えて昼食と夕食は通常食でOK」と書いてあるものが多いですよね。

でも、ここで注意してほしいのは、昼食と夕食はあくまで「通常食」ということです。 朝食を抜いた反動で、たくさん間食したり、お昼に大量の油ものを食べてしまったりすると、結局1日の摂取カロリーが多くなってしまい、プチ断食の意味がなくなってしまいます。

一食置き換えの場合、特別な復食は必要ありませんが、断食後のお昼ごはんも少し気を使って、油ものを控えたり、栄養バランスのとれた食事にするように心がけることで、いっそう断食の効果が得られるのではないでしょうか。

>>私の朝食置き換えダイエット体験談はコチラ<<

プチ断食終了直後の食事のことを復食と言います。復食期間中は特に食事内容や食事量に気をつけないと、リバウンドの原因になります。では、復食期間中に食べると良いもの、食べてはいけないものは何なのでしょうか。復食メニューにオススメなのは、消化がよく、水分を多く含む食べ物です。その代表的な復食メニューがお粥ですね。反対に復食期間中に食べてはいけないものは、動物性たんぱく質や油もの、白砂糖などです。