トップページ プチ断食の効果って? プチ断食の方法を教えます! 空腹がツラいときは… 私のプチ断食体験

プチ断食中は、食事をしていないことにより、いつもより血糖値が低下しているので、激しい運動をしてはいけません。
しかし、気分転換や筋肉維持のための軽い運動をするのなら大丈夫です。
特に、プチ断食中の運動としては、ウォーキングが最もオススメです。

今回は、プチ断食中にウォーキングがオススメである理由を4つ挙げてみました。

脂肪燃焼効果

プチ断食を行ってグリコーゲンなどの糖類を使い切ってしまうことによって、体脂肪を効果的に燃焼させることができます。
それに加えて、有酸素運動であるウォーキングを行うことで、さらに体脂燃焼効果が期待できます。

ただし、プチ断食中はいつもと体調が違いますので、自分の体と相談しながら30分を目安に行いましょう。

気分転換

プチ断食中は、お腹が減るのでイライラすることもあります。
家でじっとしていると、食べ物のことばかり考えてしまうこともあるでしょう。
そんな時に何か熱中できる趣味があれば良いのですが、なければウォーキングをしてみましょう。
なるべく、コンビニや、レストランのある道を避けて、自然がたくさんある道を選ぶと良いでしょう。

家の中にいるよりも気分が晴れて良い気分転換になると思いますよ。

筋肉低下予防

断食中はたんぱく質を摂取できないので、筋肉が減ってしまう場合があります。
でも、脂肪を燃焼してくれる筋肉を減らすのは嫌ですよね。
そこで、ウォーキングをすると筋肉トレーニングにもまります。
ポイントは、ダラダラ歩かずに、きちんとした姿勢で歩くことです。

しかもウォーキングでは、体全体の筋肉量の約3分の2が集中している下半身の筋肉が鍛えられます。
そして、下半身にあるおしりや太ももなどの大きな筋肉はたくさんエネルギーを消費するので、これらの筋肉を鍛えておくことで、有酸素運動のによる脂肪燃焼の効果が高まるのです。

手軽

筋肉低下予防や気分転換ならヨガやストレッチなどもとても効果的なのですが、ある程度知識がないと出来ませんよね。
断食道場などの専門の施設では、実施しているところもあるようです。

しかし、ウォーキングは特別な知識や道具もいりませんし、歩くだけなので運動が苦手な人も取り組みやすいと思います。

プチ断食中は激しい運動をしてはいけませんが、軽い運動なら大丈夫です。特にウォーキングは脂肪燃焼効果を高める他、気分転換になったり、筋肉トレーニングになったりと、プチ断食中に嬉しい効果があります。自分の体調とそうだんしながら、ウォーキングを行いましょう。